1or2-png1000
皆さん、お茶に『一番茶』『二番茶』などの呼び名があるのはご存知でしょうか。
この番号、実は、摘み取った順番に名前が付いています。

まず、その年の一番最初に摘まれるのが『一番茶』で、四月から五月中旬にかけて収穫します。
それ以降は、一か月半ほどかけて発芽した新芽を摘み取っていくので、
『二番茶』は大体六月ごろ、『三番茶』は七~八月ごろ、摘み取っていくイメージです。
(*場所や気候によって大きく異なりますので、あくまで目安です。)

摘み取る時期によって、味の特徴も異なります。
『一番茶』は、何と言っても、その年最初の葉である若葉特有の「爽やかで、清々しい香り」が強いことが特徴です。
冬の間にしっかりと蓄えた養分の影響で、苦みや渋みが少なく、うま味や甘味の元となるアミノ酸が多い、まろやかで美味しい味のお茶ができる傾向にあります。
shincha-1ban-png
なお、『新茶』は基本的に『一番茶』と呼び方が異なるだけで、同じお茶のことを表しています。『新茶』は一年で最初に摘まれる「初物(はつもの)」であることを象徴する言葉でおめでたいものとして、また、日本人には馴染みある親しみやすい言葉として、『一番茶』より『新茶』の言葉が使われることが多いようです。
また日本では、鹿児島など温暖な地域から茶の摘み採りが始まり、桜前線と同様に徐々に北上していきます。
なので、「旬」を伝える言葉としても、『一番茶』は『新茶』と呼ばれることが多いようです。

摘み取り時期によるお茶の風味の違いや、言葉の違いも含めて、お茶を楽しんでくださいね。

注意その他の呼び方について
地域によっては、『三番茶』を摘み取らずに、間を長く空けて、秋口にお茶を摘んで、『秋冬番茶』にするところもあります。

斉光園 前田