cha-kouro朝夕はしのぎやすさを覚え秋の気配を感じる頃となりました。
そんなときには、「茶香炉(ちゃこうろ)」を楽しんでみてはいかがでしょうか。
初めて聞く方も多いと思われますが、「茶香炉」とは、茶葉を熱して
その香りを楽しむための小さな香炉です。
上部に茶葉を載せ、下部にはロウソクや電熱を置き、茶葉を焚きます。
アロマに例えると精油の部分を茶葉にして、お茶の香りを楽しむ、というイメージです。

日本茶の香りは、日本人にとってなじみがあり、気持ちをゆったりと落ち着かせてくれます。
アロマオイルのようにお茶の種類により香りが変わるのも、茶香炉の楽しみの一つです。

また、お茶が持つ特性として、リラクゼーション効果とともに消臭効果が期待できます。
焚いたお茶の香りだけでなく、アロマ同様、揺らぐロウソクの炎や茶香炉からこぼれる灯り・・・
視覚的にも癒され、楽しむことができます。

お家で楽しむだけではなく、来客時にお茶の香りでお迎えすれば、ロウソクの灯りや
穏やかな香りが喜ばれるのではないでしょうか。

なお、斉光園では様々な色や種類の茶香炉を取り揃えております。
(約900円より取り揃えております)
不定期ですが、斉光園店内でも茶香炉を焚いております。

わび・さびを感じられる季節、まったり和のアロマで、秋の夜長を楽しんでみてはいかがでしょうか?

cha-kouro2

前田