レジ袋有料化への斉光園の対応

2020年7月1日より、プラスチック削減に向けた新たな取り組みとして小売店でのレジ袋の無料配布が、原則禁止になります。廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題に対して、プラスチックの過剰な使用を抑制する必要があるためです。

斉光園もその対象となっており、今後の対応について熟考した結果、環境性能を認められたレジ袋(バイオマス素材等)・紙袋をこれまで通り無償にて提供することとします。※状況に応じて変更する場合がございます

当初は、有料化の方向で検討しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するための「新しい生活様式」への変化が求められている状況を鑑み、レジ袋の有料化を延期することにしました。

しかしながら、環境負荷軽減は急務です。お客様へはお渡し前に袋の必要枚数を確認させて頂きます。(原則はお客様自身に商品をマイバックに入れて頂く形を推奨します)
今後も、有料化の時期については、継続して慎重に検討していきます。
お客様には大変ご不便をお掛けいたしますが、ご理解ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

※有料化の対象外となる買物袋
1プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
繰り返し使用が可能であることから、プラスチック製買物袋の過剰な使用抑制に寄与するためです

2海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
微生物によって海洋で分解されるプラスチック製買物袋は、海洋プラスチックごみ問題対策に寄与するためです

3バイオマス素材の配合率が25%以上のもの
植物由来がCO2総量を変えない素材であり、地球温暖化対策に寄与するためです

経済産業省 レジ袋有料ページより引用

© 2020 有限会社 茶圃 斉光園 (ちゃほ さいこうえん)