こだわり

 斉光園が霧島連山を望む都城の地にはじめて茶の苗を植えたのは、昭和29年のことでした。その後、「健康な体は朝の一杯のお茶から」というお茶好きが昂じ、医師(故 前田正一郎)が茶の栽培・管理の基礎を作りました。以来、皆様に安心して美味しく飲んで頂けるお茶を作り続けています。忙しい日々の暮らしの中で、お茶を通して、ほっとひと息、心にゆとりをもつ時間をお届けできれば幸いです。

都城はお茶の名産地

宮崎県、都城市(みやこのじょうし)。 宮崎県はお茶の生産量全国第4位です。 特に都城は宮崎県内のお茶の名所の一つとして古くから歴史があります。 当地は冬と夏、昼と夜との寒暖の差が大きく、季節の変わり目 ...

斉光園のお茶は深蒸し茶

お茶と言っても、普通煎茶、深蒸し茶、釜炒り茶、茎茶、ほうじ茶・・・等、様々な種類があります。 斉光園ではその中でも「深蒸し茶」にこだわり、大切に作っています。 深蒸し茶には、綺麗な緑の水色という見た目 ...

斉光園のお茶づくり

 日本茶は繊細な香りと深い味わいが特徴です。そのため、品質の良い茶葉、高い仕上げの技術が求められます。斉光園では、都城及び周辺地域から茶師自ら厳選した茶葉を仕入れております。さらに、茶葉の持ち味を最大 ...

斉光園の包装

 贈り物は、包装やお熨斗で印象は大きく変わりますね。 斉光園ではお中元・お歳暮をはじめお礼や内祝いなどのお祝い事、会葬やお香典返し、法事などのお悔やみ事などそれぞれのシチュエーションに合わせた包装を心 ...

Copyright© 有限会社 茶圃 斉光園 (ちゃほ さいこうえん) , 2020 All Rights Reserved.