斉光園のお茶は深蒸し茶


お茶と言っても、普通煎茶、深蒸し茶、釜炒り茶、茎茶、ほうじ茶・・・等、様々な種類があります。
斉光園ではその中でも「深蒸し茶」にこだわり、大切に作っています。

深蒸し茶には、綺麗な緑の水色という見た目の鮮やかさに加え、甘みの強い味、様々な効能があり、それにほれ込んだ先代がこだわって作ってきました。今も、その思いと加工技術を受け継ぎ美味しい深蒸し茶ができるよう、日々こだわりながら大切に作っております。

深蒸し茶は普通煎茶と比べ、茶葉を約2~3倍長く蒸して作られたお茶を深蒸し茶といいます。蒸し時間が長いと、茶葉が柔らかくなり、砕けた部分が多くなります。そのため、茶葉の形状は粉っぽくなりますが、短い抽出時間でも濃厚な味わいや深い緑色の水色(すいしょく)を楽しむことができます。

蒸し時間
水の色
普通の煎茶
40秒~1分位透明な黄緑色
深蒸し茶
1分30秒~2分以上濃い深緑色

また、普通煎茶では水に溶けにくいビタミン類や食物繊維も摂ることができるので、健康効果も期待されています。

効能としては、以下のようなものがあると言われています。

深蒸し茶
普通の煎茶
成分
効能
カテキン抗ウイルス、血圧・血糖抑制など
ビタミンC抗酸化、免疫機能増強など
カフェイン強心、眠気防止、利尿作用など
テアニンリラックス、脳神経機能調節など
βカロチン抗酸化、抗ガン、免疫機能増強など
ビタミンE血行促進、免疫改善など
クロロフィル腸内環境の整備など
食物繊維血糖抑制、腸内環境の整備など

© 2020 有限会社 茶圃 斉光園 (ちゃほ さいこうえん)